「産直ダイスケ」は日本の農業や漁業を応援します!
2019 4 20 日放送
#102「有明海のあさり」(2)  
2019 4 13 日放送
#101「有明海のあさり」(1)  
2019 4 6 日放送
#100「今が旬!新たまねぎ」(3)  
2019 3 30 日放送
#99「今が旬!新たまねぎ」(2)  
2019 3 23 日放送
#98「今が旬!新たまねぎ」(1)  
2019 3 16 日放送
#97「三陸産わかめ」(2)   
 

100年の歴史
鳥取の大栄すいか

大山の山麓に広がる火山灰土壌『黒ぼく』の大地で栽培がはじまってから100年以上。先人たちのたゆまぬ努力と多くの消費者に支えられ、全国屈指のスイカの産地に成長しました。

LinkIcon

 

生産量日本一!
茨城メロンでハッピー

高級なイメージのあるメロンですが、実はそんなに構えなくてもいい。「子どもからお年寄りまで幅広く食べてもらって、美味しかった!とニコニコ笑顔が広がるのが一番」。
LinkIcon

 
 

広島の
ぶちおいしい牡蠣

秋から冬、春にかけて、日本の食卓に上る牡蠣(かき)。滋養強壮に優れた牡蠣のエキスは、某大手菓子メーカーのキャラメルにも入っている。「一粒300メートル」という誰もが知る広告コピー…
LinkIcon

 

和歌山・新宮の絶品
「釜揚げしらす」

 大阪からJRの特急くろしおで4時間、車なら4時間半~5時間かかる、近畿で大阪から最も遠くにある町、和歌山県新宮市。太平洋に面したこの町で、絶品の「しらす」を全国に届ける名人がいる。
LinkIcon

 
 

和歌山・白浜町の
とびきりおいしい鮎

日本有数のリゾート地・和歌山県白浜町の白良浜から、車で20分ほど内陸部に走る。富田川沿いの静かな集落の中に、それはあった。「OGATA養殖技術研究所」。
LinkIcon

NEWS/TOPIC

産直ダイスケプレミアムからのお知らせ
2019.04.10

コラムを追加しました!

鳥取の大栄すいか記事はこちら!

茨城のメロン記事はこちら!

2019.04.02

☆「産直ダイスケ」はお陰様で4月6日(土)の放送で100回を向かえます。応援ありがとうございます!

☆またまた放送エリアが拡大!!

 RSK山陽放送で放送開始。岡山・香川みなさーん、宜しくお願いいたします!

2019.01.10

<2018年12月25日取材>

大分県産の独自ブランドサツマイモの「甘太くん」。

取材した日、焼き芋にしたら糖度は「32度」!

完熟メロンのほぼ2倍という数値でした。

焼き芋がおいしい季節。

詳しくは119日、26日の「産直ダイスケ」で放送します!

2018.12.11
和歌山の有田みかん
12月22日放送「和歌山の有田みかん」撮影絶好調!

地元ならではのとっておきアレンジ料理に舌鼓!

有田みかんと○○を組み合わせパンに…。うまい!!

2018.09.01

「産直ダイスケ」は9月からRCC中国放送(広島)とtysテレビ山口でも放送開始!放送エリアがグンと拡がりました!!

2018.08.05

「産直ダイスケ」プレミアムWeb SiteがOPENしました。放送では伝えきれなかった農家さんの熱い想いなどを掲載します。お楽しみに!!

いちおし!スペシャル産直!

広島のぶちおいしい「牡蠣」

潮の満ち引きと強い流れで牡蠣を鍛える!!
取材:2018年12月  放送:2019年1月

秋から冬、春にかけて、日本の食卓に上る牡蠣(かき)。滋養強壮に優れた牡蠣のエキスは、某大手菓子メーカーのキャラメルにも入っている。「一粒300メートル」という誰もが知る広告コピーは、そこに含まれるエネルギー量が「人間が300メートル走るのに必要な量」だからで、主な栄養素のグリコーゲンは、企業名にもなっている。
 
その栄養満点の牡蠣の生産量日本一の県が、広島県。全国の6割を占める「牡蠣王国」だ。
LinkIcon

和歌山・新宮の絶品「釜揚げしらす」

おいしさのヒミツは水揚げから加工までの時間。鮮度を落とさず釜揚げしらすに!

取材:2017年4月  放送:2017年5月6日・13日 
 大阪からJRの特急くろしおで4時間、車なら4時間半~5時間かかる、近畿で大阪から最も遠くにある町、和歌山県新宮市。太平洋に面したこの町で、絶品の「しらす」を全国に届ける名人がいる。
海に出れば、熊野灘で5隻の船団を率いる漁師。陸に上がれば、地元の水産会社「王子水産」の4代目という、若きリーダー、中村竜彦さん(29歳=取材当時)。
LinkIcon


今が旬!
和歌山・白浜町の「とびきりおいしい鮎」

天然の鮎に限りなく近い状態を守り抜いている OGATA養殖研究所!

取材:2017年5月  放送:2017年6月17日・24日 
日本有数のリゾート地・和歌山県白浜町の白良浜から、車で20分ほど内陸部に走る。富田川沿いの静かな集落の中に、それはあった。「OGATA養殖技術研究所」。一見、いかつそうな名前だが、取材をして、おいしい鮎(あゆ)を作るために、真摯な研究と努力を積み重ねてきた「証」なのだと分かった。
鮎の養殖に取り組んで36年(2017年取材当時)の緒方徹さん。地元で子どもたちのバレーボールのコーチをするなど、地域の活動にも熱心な人だ。
LinkIcon

「産直ダイスケ」 プレミアムとは

日本各地の生産者を応援!
大畑大介がリポート!

テレビ番組「産直ダイスケ」

日本全国の野菜や水産品の産地や生産者を訪ねて、各地の生鮮食品のおいしさの秘密をルポする「食の紀行」番組です!

LinkIcon
がっちりスクラム!

「食の日本代表」を応援

日本最大の流通グループとTVとWEBががっちりスクラムを組み、全国の「食の日本代表」を応援します!

LinkIcon
取材先は日本全国

取材した全国の生産地

日本のすばらしい食文化を支えているのが、各地の生産者産の日々努力。それを伝えるため全国を取材しています!

LinkIcon